一年のはじまり

昨日は「立春」 二十四節季による一年のスタートの日でした。 冬の寒さが極まり春の気配が立ち始める日・・・の筈ですが・・ 「ああ、今日は立春かぁ」と思い何とか春の気配を感じようと頑張りましたが、 鈍感な私の特に肉体は「小寒」としか思えない日でした(笑)

さて、いよいよ来月よりの本デビューに向けて稼働準備が整いました。 こちらは「雫」と名付けたオリジナルレースとオーガニックコットン草木染め、 「古代紫」と渋めのゴールドリボンがポイントのスタイです。

この草木染の大きな特徴は、通常の草木染のウィークポイントだった色落ちがほとんど ないこと。 綿の段階から草木で染めることにより、色落ちが少なく深みのある色を醸し出されています。

すみません汗もう一つ蘊蓄を。 綿が生地になるまでに、綿は試練のごとく段階段階で水で洗われ洗われ洗われまくります。

で、早い綿のままの時期に染めることにより、生地になった時にはもうほぼ本来の色しか残りません。 と洛陽染めが私の口を借りて語っております(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です