保護猫三兄弟

コロナ禍の中、リモートワークが定着しつつある弊社です。

こんな時期でも、粛々と来季に向けての新ブランドの準備やクラファンの準備をがんばってます!

…しかしそんな折、社長の野溝さんにとんでもないことが…

とある事情でricoさんから生後3週間ほどのちっさい子猫を三匹預けられてしまいました。

いくら在宅勤務が増えたとはいえ、3時間おきに授乳や排便…。

社長の闘いの日々が始まりました…(続く)

はるのひかり

暦の上での入梅とほぼおなじくらいに東京も梅雨入りしましたね。

本日は一十一十の原点となる春光シリーズのご紹介です。

これは会社を興す以前、デザイナーで社長である野溝と、オリジナルファブリックを作りたいねという話になり、そこで野溝が趣味で集めていた古い落雁の木型コレクションに目がとまりました。

こちらの木型、100年ぐらい前のものです。

いまでは鮮やかな色合いの落雁も目にしますが、当時はきっと和三盆などでシックな色合いの落雁だったのでは?と想像したりします。

その落雁の木型をスキャンして線画抽出したものを元に沈丁花など春の花を添えてデザインしたのが『春光』の生地です。

和のモチーフながらヨーロッパヴィンテージな雰囲気のファブリックに仕上がりました。

世界で唯一無二の一十一十だけのオリジナルファブリックであり、弊社設立以前の記念碑的デザインなのでとても思い入れのある生地です。

こんな仕事の仕方は効率優先のいまの世の中ではちょっぴり時代遅れなのかも…なんて思いつつ、それでもこれからも不器用ながらも生真面目に丁寧なものつくりをしていくと思います。

春光バルーンブルマー→ https://chainon.shop-pro.jp/?pid=151608023

春光袖付きおでかけスタイ→ https://chainon.shop-pro.jp/?pid=149432547

春光レースロンパース→ https://chainon.shop-pro.jp/?pid=151502335

春光エプロン付きワンピース→ https://chainon.shop-pro.jp/?pid=149417732

オンラインストア、オープンしました!

ようやく緊急事態宣言も解除されましたね。

それでもわーっという解放感とは無縁。

少しずつ少しずつゆっくり日常と新しい生活様式に慣れていけたらと思います。

そんな中、一十一十オンラインショップがオープンしました!

https://chainon.shop-pro.jp/

おうちでゆっくりお買い物いただけたらと思います。

HPショッピングのこちらをクリックしてください。

            by rico

GWつれづれ…

緊急事態宣言が延長されたGW…お散歩程度に地元をゆく方のために事務所の片隅でひっそりサンプルセールをやってます。

優秀な売り子君(名前はまだない)がお出迎えしてくれてます。

社員が対応できる時間帯のみなので、通りがかってOPENの文字があればラッキーという感じです。

早く日常が戻ってきますように…

羽ばたきシリーズ

羽ばたきシリーズ これはTシャツです。

雲雀が羽ばたく瞬間を強く、リアルにイラストで表現。

 それを杢ネイビーと銀糸を使って刺繍ワッペンにしました。

 そして繊細な羽をこれも刺繍で。

桐生の職人さんの技に感服の細部です。

 生地は接結と言う2重仕立てのそれは柔らかいオーガニックコットンを使用しています。

羽ばたきTシャツのご購入はこちらから→ https://www.dadway-onlineshop.com/display/item/?di=13724

奏でる季節のリズム~春のときめき~

少し前の話ですが、桜が咲き始めた時期に東京で雪が降りましたね。

桜の花びらに降り積もる雪を部屋の窓からぼんやりと眺めていたらふと桜の木の中に春の鼓動、命のうごめきを感じました。

春に草木が芽吹き、生き物が目覚め、人もどことなくそわそわするのは、四季のリズムの中で一番勢いよくそれぞれの魂が鼓動を打つからなのかもしれません。

デザイン会議で初めてこのレースを見たとき、そこから音楽が聴こえてきそうに思いました。

社長のデザインはその奏でられたレースの楽譜にふわっと桜の花が浮かんでいました。

「この服に何て名前をつける?」
と聞かれたので思わず
「春のときめき」
と答えました。


それがこのロンパースです。

身に着けたお子さんの命の美しさ健やかさが引き立つようなそんな美しい服で合ってほしいと願います。

      rico

春のときめきロンパース ご購入はこちら→ https://www.dadway-onlineshop.com/display/item/?di=13721


ほっこりほっこり

「こんな状況ですから……」

なんて言葉が挨拶の枕詞になる毎日……

ちょっと疲れたなぁと呟きながらの帰り道。

まあるい大きなお月様が高速道路の向こう側にぽっこり。

どうやらこの日は満月でスーパームーンでした。

綺麗なお月様を見るとなんだか心がわくわくしてしまいます。

ぐぐっとペダルを踏みこんで、一駅先のスーパーまで自転車を走らせて買い物にいくと、元気な男性の声が。

大好きなレジのYさん!

推定年齢70代後半。

大きな声で一個一個品物を確認。

大きいけど優しい声

。Yさんの声を聴くと

「今日もお疲れ様!明日もがんばろう!」

と勝手に思えてしまうのです。

本日の戦利品は120円の鰯とホタルイカ

これは家族にカルパッチョにしてもらいました。

さてさて、DADWAYオンライン

https://www.dadway-onlineshop.com/baby_brand/hitohito/

にて一十一十商品が購入できるようになりました。

こんな時ですからお家でゆっくりお買い物をお楽しみください。

春分の日

二十四節季の新年である春分の日。

鮮やかによく晴れたそんな日に、一十一十の新商品の撮影をしました。

ブランド立ち上げ当時に出来たオリジナルファブリックの小鹿レース。

俳句からインスパイアされて描き下ろしてた赤い花を咥えてまどろむ小鹿を

裏表のない美しいレース生地に仕上げたもの。

以前から絶対

「親子ペアの商品を作りたい!」

と考え続けて、でもありきたりでなく一十一十らしいものと考えた結果、こんなに美しい日傘が完成しました。

襟周りにゴージャスに小鹿レースをあしらったおよばれロンパースとペアで。

そしてこれからの季節のために小鹿レースのハットも。

稲穂レースのついた優しい風合いのカーデとコーディネートすると小さなレディさんの誕生です。

これらの一十一十の新商品、3月25日~31日の阪急うめだ本店11階ベビー服売り場のポップアップショップ、リンクのDADWAY店舗にお問い合わせください。

一十一十カタログが出来上がりました!

昨年のクリスマスイブに撮影いたしました、2020年春夏物のカタログがようやく出来上がりました!

紆余曲折幾星霜…汗と涙、苺とほうじ茶の思い出がしみ込んだ(笑)冊子です。

モデルをお引き受け下さった皆様には本日フライング気味に発送いたしました。

が、まあ、フライングというのは…その…

別紙の価格表がまだ上がっていないので~す(汗)

「こんなにお待たせしたんだから、いま!今日!送るっ(`・ω・´)」

と社長の野溝自ら宛名と手紙を書いて私どもの制止も聞かず 送ってしまいました …(苦笑)因みに社長の筆跡、超個性的でございます。難読筆跡…すみませぬ(;^ω^)

そんな前のめりのうちの社長とスタッフの思いがぎゅううっっと詰まったこのカタログ、早くお客様にもお届けしたいです。

今月25日から始まる阪急うめだ本店11階ベビー服コーナーでのポップアップストアでお会いいたしましょう。

rico

啓蟄

今日は啓蟄🐛

 子供の頃はそのような言の葉はもちろん知りもしませんでしたが・・・

 物心ついた時から昆虫が大好きでした!

 よく大人になり触れなくなったと聞きますが、私に限って全くそのようなことはありません。

 前の会社で「しゃ、しゃちょ~~~!!」という金切り声が聞こえた時こそが私の

 存在をアピールできる時、輝ける一瞬でした!!

 そう特技の、ゴ××リのキャッチ&リリースタイム笑

 勿論、その後アルコール消毒した手で黙々と仕事に戻るのですが。

 最初の将来なりたいは職業「昆虫学者」でした!

 ファーブル先生に憧れた幼少期←遠い目

 そんな訳で大地が少し温まり昆虫たちが眠りから覚めるこの時候は、毎年ワクワクするのです。

 今年の啓蟄、今日は雨が少し降ったり、ピーカンに照ってみたり、風が激しく吹いたり

 不安定な天候の一日でしたね(>_<)

 nomizo